現在の位置:ホームページ >旅行サービス>サービス案内

無料で見学の心得
一、開閉館時間:毎日9:00-17:00
二、お客様は入り口で順番を待って切符を受け取る必要があります。切符の取得時間は毎日の9:00-16:00です。一人ずつ一券、当日だけ有効、期限を過ぎた場合は無効とします。
三、200人以上の団体の訪問者は一日早く予約する必要があります。幼稚園と中・小学生がグループで見学する場合には持て成す時間は月曜日から金曜日まで、そして一日早く予約する必要もあります。でも、法定の休日と祝日ならば、持て成しを手配しません。。
四、本館は毎日見学人数の定額は10000人で、お客様は本館のスタッフの案内に従う必要があります。
五、酔っ払い及び神経障害患者は本館に入ることをお断りします。燃えやすいもの、爆発的もの、管制機具、毒物、腐蝕性と放射性など危険品、管制刃物、小さな動物、ペット、大きな荷物、環境を汚染しやすいものを携帯することを厳禁します。
六、就学前の子供、お年寄り、行動不自由者は健康な成人に連れられて入館して見学しなければなりません。お年寄り、行動不自由者は優先的に切符を受け取って入館できます。
七、本館の制度を守ることを覚悟しております。スタッフの案内に従ってください。展覧場所内では禁煙です。喧嘩、暴れること、攀じ登ったり横になったりすること、みだりに痰を吐いたりゴミを捨てたりすることなど不文明な行為を禁止します。静かにして、環境衛生に注意して、秩序を守ってください。
八、展覧した文物や展覧施設やそのほかの公共サービス施設や草花樹木などを愛護してください。いったんに壊せれば、価格によって弁償するほかにも相当の法律責任を引き受ける恐れがあります。
九、大きな荷物を携えて本館に入らないようにします。小さな荷物(50cm*30cm*20cm—80cm*60cm40cm)はサービスセンターで無料に預けられます。しかし、荷物は上記のサイズ(50cm*30cm*20cm—80cm*60cm40cm)を不足すればあるいは過ぎれば、預けないことをご了承ください。貴重品は身の回りにおいて携帯してください。
十、予約電話:86-760-85501691转2288  ホットライン:86-760-85501691转2072

サービスセンターの機能
(1)無料で解説サービスを提供して、言葉は中国語(標準語と広東語)、英語などです。
(2)無料でお荷物を預かるサービスを提供します。
(3)無料で不自由な人に車椅子、杖、童の車などの施設を提供します。
(4)お客様にお問いを受けて、暫く休憩を提供します。
(5)お客様にトレース放送を提供します。
(6)お客様のアドバイスや苦情の訴えを受け入れます。

所蔵品及び図書の調べ
本館はお客様に文物所蔵品と所蔵図書を調べるサービスを提供します。
調べるニーズがある場合には、お客様は早く予約したらいいと思います。そして、本館の文物所蔵品と所蔵図書に対して管理規則を守ってください。
連絡電話:86-760-85501691-2342(所蔵品)
          86-760-85501691-2390(図書館)

安全規定
1、お客様は必ず受け取った切符を持って入館しなければなりません。
2、武器、燃えやすいもの、毒物など危険品を携えて入館することを厳禁します。
3、館内ではお客様は自発的に本館の規定や秩序を守ってください。展覧場所では喧嘩、暴れたり騒いだりすることをしないでください。
4、未許可ならば、孫文記念館、孫文旧居、民家の中で撮影や録画などことをやめてください。
5、清潔衛生と草花樹木に注意して、展覧場所ではタバコやスナックや飲み物も禁止します。喝饮料。
6、展覧品、建物の設備及び草花樹木を愛護して、展覧品、建物の設備及び草花樹木に刻んで、描いて、貼ってはいけません。芝生を踏み躙ることも禁止します。
7、仕方はエチケットに合いべきで、ベンチに横になってなど不文明な仕方がないでください。
8、公園の中ではギャンブル、迷信活動など公共秩序を乱す活動を厳禁します。
9、館内で見学する時、お客様は木登り、魚釣り、果実を摘み取りなどをしてはいけません。
10、本館のスタッフの忠告と管理に従ってください。

交通
(1)中山市区から12番バスで本館に着けます。12番バスは富華総駅から西区郵便局、小商品市場、富洲ホテル、富華ホテル、中山一橋、中山体校、大麗苑、京華ホテル、社会保障局、庫充、亨尾、紫馬嶺公園、万佳百貨、東区役所、検証検疫局、実験中学、バス城東駅、陵崗.明陽会社、大嶺、西桠、神湧、東桠、建綸工業園、三礼電子工場、大車、欖辺、云衢中学、南朗市場、南朗駅、南朗第二工業区、南朗第一工業区、西亨、泮沙四村.泮沙、崖口、翠亨給電会社、中山影視城、孫中山旧居などを経て、時間は約40分で、あるいは市内観光バスで本館にも着けます。
(2)珠海から10番バスに乗って、下柵検査站というステーションで中山市の12番バスに乗り換えて、当館に着きます;あるいは拱北税関(珠海)の駐車場で南朗駅への観光バスに乗って、直接に当館に到着することができます。
(3)本館は京珠高速道路の広(州)珠(海)間翠亨出入り口に近づいて、自動車で南へ行けば、5分ぐらい珠海境界線に入って、自動車で北へ行けば1時間ぐらい広州に到着できます。
(4)本館から中山市旅客運輸埠頭つまり中山港へ行けば、自動車で約20分がかかります。

宿り
翠亨ホテル(★★★)
連絡電話:86-760-85502668
崑崙ホテル(★★★★)
連絡電話:86-760-85211888

食事】翠亨ホテルには西洋レストランと中華料理店があります、昆崑崙ホテルには西洋レストランと中華料理店があります、好世界レストラン

医療とファースト・エード
本館はサービスセンター、孫文旧居展覧区、孫文記念館及びセキュリティの事務所に救急箱を配備しておきます。一方、本館と翠亨病院(200メートルぐらい距離)は救急合意書を結びました。もしお客様は何があったら、本館はすぐに病院を連絡して、お客様はできるだけ早くて医療とファースト・エードを受けられます。

お問い合わせ電話 86-760-85501691-2288

ホットライン 86-760-85501691-2072