現在の位置:ホームページ > 中山市民俗博物館>概况
       孫中山の旧居と館所蔵の文物及び周辺の文物の環境を保護することは、当館の不変の趣旨と主要な仕事の一つで、長年の努力を経て、成績に見るべきものがあります。中山市民俗博物館の創立は、この仕事を進めて拡大することです。
      中山市民俗博物館は1998年12月28日に創立し、孫中山記念館を利用して、中山の民俗文物を保護して、民俗文化を発揚することを自分の責任にして、展覧と模範を互いに結合する新型の博物館で、開館から専門家と観衆の中で大好評です。
     民俗博物館は2大部分に分けて、1つは民家の展示区、それは民家展と民俗展の2部分に分けて、文物の展示を主として、見学者に自ら経験することができて、孫中山の成長した初期の社会の状況、風土と民情に対して視聴覚な認識があります。 農業展示区は文物の展示と耕作模擬の特色を発揮して、知識性、歴史感同様に重んじて、青少年の世代に対して特に吸引力があります。
      中山市民俗博物館の創立は、民俗文物の保護のために大量の仕事を行うだけではなくて、観衆のために新生面をきり開いた見事な旅をも持ってきて、孫中山旧居記念館の展覧陳列をいっそう充実させて、いっそう立体的です。