現在の位置:ホームページ > 孫中山>孫中山の録音と録画の資料

    孫中山《国民を激励》スピーチ録音は孫中山氏の唯一現存したスピーチ録音である。1924年5月30日、上海《中国日報》社より広州に孫中山氏のために記録したもので、後に1セット6枚のレコードを出版した。
    録音技術は一般技師によって録音を操作し、ベークライトレコードを製作出版することは、当時のヨーロッパにただの十年或いは二十年開始したばかりのことで、当時の中国で比較的に新しいそのものであった。よって今回の録音は孫中山の残っていた一回の録音のみで、また中国革命家が現代の科学発明技術を利用し政治思想を宣伝する最も早い試しでもあった。孫中山氏の演説は当時人心を奮起させただけではなく、今日においても警戒する役割がある。


    孫中山は中国国民党一大会場を歩き出た時

    1924年1月、中国国民党最初の全国代表大会は広州に開催。大会は「宣言」を通過、国民党を改組、最初の国共合作を実現した。

 
    孫中山は北伐決起大会における演説
  

   1924年9月17日、北方に第二回の直奉戦争が勃発、孫中山は直系軍閥に作戦し、国家統一を実現することを決定。20日、孫中山は韶関に北伐決起大会を行い、孫中山は大会に演説を発表した。

 
   孫中山は北伐決起大会に部隊を検閲
   1924年9月18日、孫中山は北伐戦争について「同戦の目的は軍閥を打倒するだけではなく、軍閥の依存した帝国主義を押し倒すことである」と指摘した。20日、孫中山は韶関北伐決起大会後に北伐部隊を検閲した。
 
    孫中山と宋慶齢は中山艦に乗って北上 
   北京政変以後、孫中山は馮玉祥の招請に応じ、病気を抱えながら北上、共に国事を相談。1924年11月10日、孫中山は北上声明を発表。
 
   北京各界人士は孫中山告別式を行う
   1925年3月12日午前9時30分、孫中山は北京鉄獅子路地の同行轅にこの世を去り、享年五十九歳。これは北京街頭十万人が告別式に参加した情景。
 
   孫中山は南京で埋葬された情景
   孫中山氏は逝去、挙国哀悼する。国内と国外諸般の追悼活動は二ヶ月に続けていた。1929年孫中山霊柩が南京に移したときに、全国は新たに盛大な追悼活動がわき上がった。これは孫中山が南京に埋葬された情景。