現在の位置:ホームページ > 孫中山>孫中山一生

        孫中山氏の幼い時の名前は帝象、学名は文、字は徳明、号は日新、後に逸仙と号を変え、日本に居留した時に中山樵と偽名を使い、これによって「中山」の名前を得た。
       1866年11月12日に孫中山は翠亨村の一つの普通の農民家庭に生まれ、10歳に村の私塾で読書、12歳にホノルルへ行き引き続き読書し、17歳に帰国。1884年に本縣盧慕貞女士と結婚した。1886年から1892年までに相前後して広州、香港で医学を学んだ。卒業後、マカオ、広州で医者を開業しながら救国政治活動に力を注いた。1894年は李鴻章に上書し拒絶され、再びホノルルに赴いて、興中会を創立、「満州族統治者を駆除、中国を回復、合衆政府を創立」を主張した。
      1905年に東京に中国同盟会を成立、系統的に三民主義思想を提出、それに保皇派と激烈な論戦をしました。1895年から1911年にかけて何度も反清武装蜂起を画策、何度も失敗したが闘志は益々漲った。1911年10月10日に武昌で蜂起を行い、各省の反響を獲得、清朝専制統治の全滅に至らせ、著名な「辛亥革命」であった。
       1912年元旦、孫中山は南京に中華民国臨時大統領に就任、中国史上初めの共和政体を創立した。1912年4月、大統領を辞め、経済建設の宣伝に集中した。袁世凱は不当に大統領職位を占めてから皇帝制度復帰を企み、孫中山は1913年に「二次革命」を起こし反袁活動を再起した。1914年に日本で中華革命党を成立。1915年に宋慶齢と結婚。
       1917年、広州に非常国会を開催、中華民国軍人政府を組織、大元帥に推挙され、護法運動を展開した。1919年に中華革命党を中国国民党と改組、総理を担任。1921年、非常国会はまた広州に中華民国正式政府を組織することを議定、孫中山は大統領に就任、再び護法の幟を引き上げた。1923年、孫中山は第三回広州にて政権を樹立、陸海軍大元帥大本営を成立、再度大元帥に就任した。同年においてソ連と中国共産党のアドバイスを受け、国共両党が合作し、国民革命を推進することを決定した。1924年1月国民党最初の全国代表大会を開催、国民党を改組、再度三民主義を解釈した。同年秋、馮玉祥は「北京政変」を起こし、孫中山は招請に応じ北上し、共に国是を協議した。1925年3月12日、肝臓癌のため北京に逝去した。