現在の位置:ホームページ > 孫中山旧居記念>陳列展覧
    本館は孫文旧居を主体にして発展してきた博物館、陳列展覧は我々の特色です。長年月の改進によって、本館の陳列展覧システムは歩一歩完璧となっています。このシステムは孫文と彼氏の幼児の成長の社会環境をめぐって、文物と写真、平面展示とマルチメディア展示を使って、全面的に孫文の一生と中国近代社会の風土が現れますが、歴史性、民俗性、知識性、学術性もかねます。
 
 

孫文旧居      旧宅の旧跡   酸子樹 
銅の彫塑「根」”  中山鼎    警世鐘   「携手」―孫文と宋慶齢の銅彫塑  
孫中山記念館   

 
 

   孫中山旧居と周りの文化財の環境を保護するため、本館は近所にいた住民の家屋を利用して、一部分の清末民初の家屋を真似て建てて、翠亨民居展示区を開設した。清末、民国初期の翠亨村の各階層の家庭の状況に心がこもって復原して陳列した。その上に翠亨村の多彩な民間習慣を展示して、当時の孫中山の故郷での社会の各階層の生活状況を生き生きとして再現した。これによって、お客様が偉人の成長する歴史環境をさらに了解して、同時に一部の珠江デルタ地方の風俗人情も分かれた。

 
 
 
 
 
 
   
 
 
  临时展览