現在の位置:ホームページ > 孫中山旧居記念>孫中山の記念展示区
    本館は孫文旧居を主体にして発展してきた博物館、陳列展覧は我々の特色です。長年月の改進によって、本館の陳列展覧システムは歩一歩完璧となっています。このシステムは孫文と彼氏の幼児の成長の社会環境をめぐって、文物と写真、平面展示とマルチメディア展示を使って、全面的に孫文の一生と中国近代社会の風土が現れますが、歴史性、民俗性、知識性、学術性もかねます。
 
   【 孫文旧居 】
    孫文旧居は南朗鎮翠亨村、西が向かい、総面積は500平方メートルですが、建築面積は340平方メートルです。
 
   【 旧宅の旧跡 】
    孫文旧居前庭の北に、昔は幅4メートル、長さ8メートルの部屋がありました。1866年11月12日、孫文はここで生まれました。1892年孫文旧居が完成してから台所として使われました。しかも、井戸を掘りました。1913年、孫眉が後庭の規模を拡張して、台所を増設してから、この旧宅が取り去られした。
 
   【 酸子樹 】
    酸子樹、別称は酸豆樹、孫文旧居前庭の南にあります。1893年、孫文はホノルルから持ってきて前庭に植えたそうです。1931年頃、台風がこの木を倒させましたが、まだ茂って生きていきます。1962年3月8日 、郭末若先生が本館を訪問した時、「酸豆一株起臥龍」という詩句を詠んで、この木の形態を描きました。
 
   【銅の彫塑「根」 】
    小さな時の孫文は家の隣のガジュマルの下で、太平天国運動に参加したお年寄りからよく洪秀全のストーリーを聞いてくれました。孫文の回想によると、彼の革命思想の源はここにあります。
 
   【中山鼎 】
    中山鼎は孫文旧居と孫文記念館の交差中心軸にあります。中山鼎の口径は1866mm、高さは1925mm、銘文の高さは590mm、台座の幅は1912mmです。孫文先生の誕生の年、享年の数、逝去の年、帝政打倒、民国創立の年の意味を持っています。
 
   【警世鐘 】
    警世鐘、直径は1.2m、高さは2m、重さは1.5tです。鐘の表は孫文先生の手書「共進大同」ですが、鐘の裏は1924年、孫文先生の「勉励国民」という演説辞です。この鐘は中華民族を呼び覚まし、中華振興の為に努力を尽くした孫文先生の一生を記念するだけではなくて、統一、富強の中国を遂げるために、国民を勉励する意味もあります。
 
   「携手」―孫文と宋慶齢の銅彫塑 】
    「携手」―孫文と宋慶齢の銅彫塑は本館のオフィス区である翠亨園にあります。有名な彫塑家廖慧蘭の作品ですが、「精誠無間共憂楽、篤愛有縁共生死」、孫文と宋慶齢は手を繋いで、中国の民主、独立、富強のために努力を尽くす意味を代表します。
 
   【 孫中山記念館 】
    本館の陳列展覧業務総合ビルは、1999年11月12日に落成して対外的に開放しました。それは、展示ホール、報告ホール、逸仙図書館、貴賓接待ホール、臨時展示ホール及び業務と研究の部屋などの区域を設けます。その設計は、広東省の優秀な建築設計の一等賞と建設部の優秀な設計の二等賞を光栄に獲得しました。また、その装飾は、全国の建築工事の金賞を光栄にも獲得しました。館内の基本的な設計である「孫中山一生の歴史績」は、1999年度に全国の十大陳列展覧の逸品賞を得ました。
 
 
  孫中山一生歴史績の展覧

   「孫中山一生の歴史績」シリーズは、貴重な文化財と写真を通して、孫中山一生の歴史績、革命の精神、思想の理論と彼が指導した革命運動を反映します。陳列する形式と設計は、孫中山の旧居と翠亨民家の風格の調和を図って、内容と形式を統一し、厳かで、明快で、高尚・上品で、歴史の内包に富んでいる記念の雰囲気を創り出します。

 
 
  孫中山の親族と後裔の展覧

    「孫中山の親戚と後裔」シリーズは、貴重な文化財と写真を通じて孫中山の家柄、先人、両親、夫人、子女、兄弟姉妹と後裔の情況を紹介して、孫中山の親族が彼の革命事業に貢献することと彼の家庭生活を現れています。この展覧は、本館の独特の展覧であって、たくさんの専門家と観衆の好評を得ました。