現在の位置:ホームページ > 孫中山旧居記念>翠亨農耕展示区
 
    農耕文化展示区は約60ムーの場所をとっています。
    本区は作物区、水稲栽培区、鳥獣鳥獣飼養区、桑の基の養魚池区、近代的農業の展示区、見物実践区、翠亨の水稲栽培に利用する農機具の展覧などの多数の地域を設けます。農業の展示区で、見物人は百以上の作物の異なる生長状況と水稲の春耕秋収、及び200件以上の翠亨村の水稲栽培に利用する農機具を了解することができます。 例えば犂、灌漑の水車、風の箱、碾き臼などがあります。また、多種の家禽を接近して、それらの生活習慣と特徴を了解することもできます。珠江デルタの特有な農業の生態を調べることができます--桑基魚塘、桑を植える用具とカイコを飼う用具であります。人々は更に近代的農業の方法である水耕栽培などと近代的農業の耕具の一部を観賞した後、伝統的農業の耕作の方法と比べて、従って、農業中に科学技術の重要な効果を理解されます。農業展示区では、見物人は実際に農耕をやって、各種の農機具を操作して、従って、農村、農民、農業をさらに了解して、労働を楽しみと体験します。
     農耕文化展示区は翠亨村の周辺の田園風景と文化財の環境を保護する上、愛国主義の教育の拠点の内容にも広く開拓して、同時に緑色の模範農業の理念と方法を導入して、良好な生態効果を収めます。
 
  【 “龍田” 】
    翠亨村のそとにある畑ですが、龍田と呼ばれます。孫文の父親はこの中の両畝六分を小作に貸しました。幼い孫文もここで耕作したことがあります。幼い時の辛さの故に、孫文は「耕者有其田」(耕す者がその土地をもつというものです)という思想を探求始めました。
 
  龍苑―現代無土壌栽培温室
   龍苑―現代無土壌栽培温室、現代無土壌栽培技術と新しい農産品を展覧することによって、観衆が室外の伝統農業と比べると、更に現代農業発展を了解できます。無土壌栽培は不同時期にある植物の必要な栄養(大量元素と微量元素)、温度、湿度、光度を調節してコントロールします。これによると栽培された植物が最優の生長環境で育てられます。無土壌栽培技術のかげで、人類は無機栄養条件も含んで、作物成長の環境条件を全面的にコントロールできます。農業生産が自然の縛りを避けられて、人類の願いに従い、自動化、機械化、工場化への道で発展始めました。
 
  “寮”
   寮は当地住民の粗末な民家ですが、泥、竹、藁で作ります。貧しい民家や臨時に使う場所では寮をよく見えます。
 
  【 “桑基鱼塘”
    桑基魚塘は広東省珠江デルタでは特別な農業耕作の仕方です。珠江デルタの環境特徴によって、低地を養魚池に掘ってから淡水魚を飼いて、養魚池のそばで泥を池基に囲んでから水害を避けられます。桑基魚塘の生産モデルは 魚にカイコの糞をやって、養魚池の泥が桑を肥えさせます。桑、カイコ、魚を合わせて、桑、カイコ、魚、泥がお互いに頼り、促進する同時に、よい生態環境を作って、環境汚染を避けますが、一方、よい経済利益も取ります。1992年、国連教育科学文化機関(UNESCO)は桑基魚塘を「世の中には珍しい景色、良性リサイクルのモデル」と褒めました。
 
  【 禽畜飼育区
    禽畜飼育区の面積は1000平方メートルで、鶏、アヒル、鵝、鳩、猫、ウサギ、豚など禽畜を飼育します。ここで、動物の活動を観察できます。動物の生活習慣をわかって、珠江デルタの農村雰囲気も感じます。

 

 
  【稲の耕作展覧区 】
   農村の歴史と自然環境を守るために、本館がこの水稲田を保留して原状のままで水稲を耕作します。当地は双季稲を耕して、早稲は清明ごろで植え付けて小暑ごろとなって、収穫できます。収穫してから、水田を灌漑すべきですが、立秋となって、晩稲を植え付けはじめます。「春争日夏争時、立秋前後要挿田」ことわざがあります。11月立冬の後、晩稲が成熟してきます。「立冬三日満田紅」ということわざがあります。
 
  水稲耕作農具展覧区
    当地では耕作用の農具200種を展示しています。例えば、耕作用の犂、鋤、シャベル、収穫用の水車、苗盆、加工用の碓、砻(磨り臼)などです。そのほかに、「水稲伝統耕作展覧」もあります。写真で水稲耕作の作法を展示して、農具の使い方も了解できます。ここで、「二十四節気の歌」と中山で伝えている「十二月農事の歌」を了解できます。 垣 この垣は20世紀20年代でコンクリート(預制品)で建てられました。今は300メートルを残しました。村の安保の装置として、近代珠江デルタは「盗賊多い」、経済富裕となることがわかりました。

 
  围墙
    这是一段围墙大约建于上世纪二十年代末,用混凝土预制件砌筑而成。目前保存有大约300米。作为村落防卫设施之一,反映出近代珠三角的“盗匪如麻”和经济逐渐富裕的社会现实。

 
  「瑞接長庚」ゲート
    本来、翠亨村は東、南、西、北四つゲートがありました。当地は「閘門」と呼ばれますが、これは西閘門です。門の上ではめこんだ「瑞接長庚」という額は裂け目があって、孫文と陸皓東はここで爆薬を実験した時、爆弾が爆破したせいで、額が裂けましたというそうです。