現在の位置:ホームページ > 孫中山旧居記念>概況

        孫中山旧居記念館は孫中山の旧居を主体とする記念性博物館で、広東省中山市翠亨村に位置して、行政は中山市文化広電ニュース出版局に従属しています。2008年5月、国家の文物局に第1陣の国家一級博物館になることを公布されました。
       本館は1956年に創立し、ここ数年来、「文化財と環境を保護して、発展する道を求める」という目的を堅持して、「特色があり生命力がある」という理念を堅持して、文化財と環境の保護については、「保守主義」を堅持して、管理の理念と手段の面では、大胆に新機軸を打ち出します。本館は、全国重要な文化保護財である孫中山旧居の保護を重視する同時に、広東省重要な文化保護財である楊殷の旧居、陸皓東の旧居と中国歴史の有名な村である翠亨村の周りである20所以上の文化財名所をしっかり保護して、従って、「孫中山と彼が成長する初期の社会環境」をテーマにして、歴史の記念性と民俗性を持つ、立体感もあって多様な陳列展覧システムを形成します。現在、当館の面積は14万余り平方メートルあって、観衆に開放した区域はおよそ8万余り平方メートルあります。本館は、近代的な管理理念とネットワーク化、デジタル化、インテリジェント化の科学技術の手段で、近代化する科学的管理を実行します;全国博物館で系統的に真っ先にISO9001品質の管理体系とISO14001環境マネジメントシステムを導入して、そしてみごとに認証するを通じて(通って)、博物館の管理と公認の国際標准が統合することを実現しました。本館は近代的な管理の理念とネットワーク化、デジタル化、インテリジェント化の科学技術の手段で、近代化的な科学管理を実行します。全国博物館システムで率先してISO9001品質の管理システムとISO14001環境の管理システムを導入して、また順調に認証されて、博物館の管理は、公認されている国際的な標准と一致になりました。