現在の位置:ホームページ > 孫文研究情報センター>概况
   

        中共中山市委、市政府の提出した孫文についての研究及び資源の利用に対する意見によって、孫文旧居記念館に「孫文研究情報センター」を増設します。
        数年以来、孫文旧居記念館は文物資料の収集及び保管、電子情報プロジェクトの建設を重視して、PC LANとインターネットウェブサイト「偉人孫文」を打ち立てました。「孫文研究情報センター」は前掲のメカニズムをもとにして成立しました。「逸仙図書館」は孫文研究の専門家陳錫祺、林家有、孫関龍、盛永華、邱捷など学者から頂いた寄付図書の蔵書館を打ち立てました。
      2007年、孫文旧居記念館のデザインして開発する「孫文データベース」を開通しました。このデータベースは十個類別の支データベースを含み、採録した資料は文字、写真、ビデオなどです。これは世界では孫文に関する資料データベースの中で最大な規模、最も厳密な一つです。
        2008年、インターネットウェブサイト「偉人孫文」で中山旧居名所の3Dデジタルシステムを開発しました。
        2009年、孫文旧居記念館は中国学術ジャーナルデータベース、中国博士修士論文データベース、中国重要会議論文データベース、中国重要新聞データベース、中国年鑑工具書データベースなどシステムを導入しました。
        2009年11月12日、数年間の努力を通じて、「孫文研究情報センター」が孫文旧居記念館で創立されました。「孫文研究情報センター」は孫文旧居記念館の積んだ経験や所蔵図書やファイルや各種電子データベースなどをもとにして、伝統的な文献と電子的なデータベースを組み合わせて、国内外専門家、学者及び社会各界の皆様に良質のサービスを提供して、孫文研究と孫文文化建設に役が立ちます。