Current position:辛亥革命の百周年の記念>革命の名人

      孫文先生、幼名は帝象、名は文、字は徳名、号は日新ですが、後来は逸仙と改めました。日本に滞在した時「中山樵」という偽名を使った故に、孫中山と呼ばれます。(中国では孫中山で、日本では孫文で、欧米では孫逸仙の広東語ローマ字表記Sun Yat-senで知られます。)
       1866年11月12日、翠亨村の普通な農家に生まれ、10歳は私塾に入学して、12歳はホノルルへ渡って、17歳帰国しました。1884年本県の盧慕貞と結婚しました。1886年から1892年まで、広州、香港で医学を学びました、卒業後、マカオ、広州で医師として開業しつつ政治活動に尽力しました。1894年、「李鴻章への上奏」を果たさなかったてから、二度とホノルルへ渡って興中会を創設して、「駆除韃虜、恢復中華、創立合衆政府」をスローガンにしました。1905年、孫文は東京に中創設させて三民主義を提唱して、同時に改革派と激しい論戦を繰り広げました。1895年から1911年にかけて孫文は数回反清武装蜂起を計画して、何回失敗にあいても清朝を倒すの理想を堅持していました。1911年10月10日の武昌蜂起は各省も呼応し、最後、清朝の死滅を致しました。これは有名な辛亥革命です。