Current position:Home page > 辛亥革命の百周年の記念>辛亥革命

    辛亥革命は孫文を指導者にして、中国封建帝制を打倒した偉い革命運動です。

    辛亥革命のスタートは1894年ホノルルで創立した興中会です。翌年、香港で楊衢雲の輔仁文社と合併して、興中会の名称で反清活動を継続しました。その後、華興会、光復会など革命団体が相次いで創設されました。当時の新興知識人は書籍、新聞によって、愛国思想と反清革命思想を宣伝して民主革命思想が広めて伝えられました。1905年8月、孫文は各革命団体を団結させることに成功して、東京で中国同盟会が葬式されて、「駆除韃虜、恢復中華、創立民国、平均地権」という綱領が定められました。同盟会は「民報」を機関紙にして、発刊号で初めて孫文の三民主義思想を全面的に紹介しました。「民報」は積極的に革命思想を宣伝し、特に改革派の「新民叢報」の間で紙上での論戦が行われ革命思想の宣伝に大きな役割を果たしました。一方、革命党も華僑を連絡し、国内の新軍と会員を組織し、華南では数回の武装蜂起が実行されました。これらの蜂起の中で、黄花崗蜂起(第二次広州蜂起)がもっとも壮絶です。これらの武装蜂起は短時間で失敗しましたが、革命思想を全国に普及させることに繋がりました。1911年武昌蜂起を起こしてから各省も呼応しましたが、清朝はすぐに倒しました。1912年1月1日、孫文は南京にいて中華民国臨時政府の成立を宣言するとともに、初代臨時大統領就任のための宣誓を行いました。1912年2月12日、清朝内閣総理大臣袁世凱等の内閣勧告により溥儀皇帝の母后である隆裕太后は清皇室への優待条件を受け入れ、「退位諸書」を発表しました。これにより、清朝は死滅し、2000年以上続いた帝政は終に廃止されました。辛亥革命と呼ばれる原因は革命が勃発した1911年の干支は辛亥に因むからです。