現在の位置:ホームページ >本館の最新情報
 
 

孫文蓮研究成果分かち合いの会は本館で開催された

韓沢生(右から一番目)、李素霞(右から二番目)などの賓客は会場の外で記念写真を撮られた。

分かち合いの会の会場。

蕭潤君は発言している。

    2014年6月21日午後、「孫文蓮研究成果分かち合いの会」は本館の総合報告庁で行われた。中山市政協副主席の韓沢生、劉伝沛、中国花協ハス分会会長の陳竜清、中国ハス研究センター教授の曾憲宝、中山市孫文研究会会長の楊海、市社科聯主席の胡波、市花卉協会会長の李素霞、深圳ハス研究専門家の李尚志、日本蓮文化研究会秘書長の池上正治、孫文故居紀念館館長の蕭潤君など50数人の来賓は本館で集まり、どのように孫文先生の愛蓮精神を伝承することを共に探求した。

    中山市政協副主席の劉伝沛は会議の司会をした。国内外からの8人の専門家と学者は違った角度から孫文蓮の象徴的意義、孫文先生の蓮品格及び蓮文化伝播の意義を分析した。本館の蕭潤君館長は発言中に、「孫文先生は廉潔な政治の提唱者、計画者と実行者であり、中国共和政治制度の開拓者である。彼は共和の創立と守ることのために奮闘する過程、ずっと制度を創立し、腐敗に反対した。彼は身をもって体験し努力して実行し、一生に清廉潔白、後世に学ぶ手本になった。ハス、「清蓮」という別名があり、「清廉」の発音と同じ、沖積した土砂から出しても染めない、人々に神聖かつ純潔なシンボルだと見なされ、だからこれを孫文に比喩することは非常に適切である。「春に梅を折って遠い友人を贈り、秋にハスを摘み取って人を懐かしがり」、「孫文とハス」という課題が更に深く研究されることを望んでいる。」と指摘した。

   「孫文蓮研究成果分かち合いの会」は第5期の中山ハス祭イベントの重要な内容である。イベントは国内専門家と日本の学者を招待し、孫文蓮の課題を共に探求し、孫文蓮の研究と中日の友好関係を積極的に促進した。(筆者:婁亜麗、金鑫)











 

[クローズ]