現在の位置:ホームページ >本館の最新情報
 
 

範亭中学校友会は本館に本を贈った

    2014年8月8日午後、山西範亭中学校友会の委託を受け、この学校の太原校友会会長の王祥生さんは本館に来て『続範亭文集』3冊を本館に贈り、逸仙図書館に収集された。

    続範亭、名培模、字範亭、号恕人、1893年11月27日に陝西省崞県(現在の原平県)西社村に生まれた。続範亭は若いころ同盟会に参加し、辛亥革命時期に、山西忻(州)代(州)寧(武)公団遠征チームを率い、清統治者を追い出し、大同を占領した。その後、積極的に袁世凱と閻錫山に反対する闘争に参加した。1935年、続範亭将軍は南京中山陵に切腹して日本軍に抵抗することを呼びかけ、全国を驚かせた。1936年西安事変の後、思想は共産党に近づく傾向がある。1947年9月に続範亭が病気で逝去した後、中共中央は彼が中共正式的な党員であることを追認した。

   『続範亭文集』は続範亭の詩歌、雑感、随筆、日記、付録など大量である貴重な詩文を収集され、そして略伝、共産党に参加することを要求する遺書、毛澤東と中共中央指導者の弔辞、弔電及び贈られた詩歌など貴重な文献も付け加えられ、この愛国将校の暦程を反映された。王祥生先生の紹介によると、現在範亭中学校友会は『続範亭文集』を多くの図書館と研究機構に贈り、続範亭の愛国主義精神を発揚し、学者がこの歴史人物に対する関心を引き起こすことを望んでいる。(筆者:李寧)













 

[クローズ]